大人向け!0からピアノを初めてみよう

大人から始めるピアノの情報サイト

>

ピアノを楽しむには

曲を弾けるようになるまで

ピアノの練習といったら、楽譜を見ながら両手で曲を弾く場面をイメージする人が多いと思います。
ですが、ピアノ初心者が楽譜を読みながらいきなり両手で弾くことは難しいと思います。
ピアノ初心者はどのようにして曲を練習したらよいのでしょうか。

まずは、楽譜に目を通すのと並行して、曲の音源を何度も聞くことが大切です。
初めはなんとなくでいいので、楽譜がどんな演奏を表しているのか、意識してみるといいでしょう。

次に、いよいよ鍵盤を叩いてメロディーの練習をすると思いますが、最初から両手で鍵盤を押さえようとするのではなく、まずは片手ずつ練習していくのがいいと思います。
片手でリズムを崩さずに弾けるようになったら、両手で演奏し、詰まらず弾けるよう反復練習をしてみましょう。

また、いきなり曲の最初から最後まで弾くのではなく、フレーズごとに切り取って反復練習をすると進歩が分かりやすいと思います。

ピアノを楽しく続けるには

ピアノは長い練習が必要な趣味です。
その分、曲を弾けたときの喜びも大きいのですが、やはり練習が続かずにピアノから遠のいてしまう人もいます。
そうならないようにするには、何を心掛けていけばいいのでしょうか。

まず、モチベーションを高めるために、こまめに目標を設定することです。
例えば、聞き覚えのあるフレーズを弾くことから始め、好きな曲のサビをなぞり、短い曲を仕上げる……といった具合に、「これだけでも弾けるようになった!」と喜び感じると、練習しがいが出てくるはずです。

ピアノを弾いていて壁にぶつかったとき、忘れがちなのが基礎練習です。
スポーツ選手が日々筋トレをするのと同じで、どんなに上手いピアニストも基礎練習をしています。
曲を弾けるようになっても、ウォーミングアップとして毎回基礎練習をすることが大切です。

そして、行き詰ったときは好きな曲を改めて聴き、音楽が好きなことを再確認しながら楽しみましょう。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ